白紙委任状 押印

白紙委任状に印鑑を押すのは危険?

保証人が必要などとあの手この手で説得し、白紙の紙に名前と印鑑を押させる業者がいます。これが白紙委任状と呼ばれ、極めて危険なもの!委任事項や受任社の指名は空。あなたがな前さえ書けば、後は受任社が白紙の部分を自由に記載し、幅広い目的に使うことができます。本来は貸金業規制法によって、消費者金融などの貸金業者が、お金を貸す目的で白紙委任状を取得することは、禁止されています。しかし、ここは闇金と呼ばれる悪どい業者の仕業。あらゆる手口であなたのお金を搾り取ろうとするのです。そんな業者に名前と印鑑を渡すことは、銀行のキャッシュカードと暗唱番号を渡すのと同じこと。絶対に渡してはならないものです。また、貸し付け金額が空欄になっているような書類にも消してサインはしないように!!過去に金融事故などで正規の金融業者の審査に通らない人は、わらをもすがる思いで、「ブラック・破産者でも大丈夫」などとうたった広告を出している悪徳業者にすがりつくようですが、それはもっと状況を悪くするばかりです。

白紙委任状に印鑑を押すのは危険?【即日融資@ATM】関連ページ

法定金利をちゃんと守っている会社
即日に融資が受けられるといっても闇金業者など危険なキャッシング会社を選んではいけませんね。法定金利をちゃんと守っていることは当然ですがそれ以外にも確認しておきたいことがあります。