即日融資

融資をうける前に・・・最低限の知識を持とう!

げっ!お給料日までまだまだなのに、通帳記入するとなんと3000円。まずい!まずすぎる?。
即日融資してもらえる会社ってありますか?
もちろん、グレーなローン会社ではなく、クリーンで安全な会社で。
A. 初めてキャッシングをする方は、まずは最低限の知識を持ちましょう。
みなさん、消費者金融=サラ金というイメージを持っている方が多いようですが、現在の消費者金融は大手銀行の傘下に入っているところがほとんどです。
例えば、人気の3社を見てみると、アコムは三菱東京UFJグループ、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)はSMFGグループ、ノーローンは新生銀行グループです。
このような会社を選べば後でトラブルになることはありません。
「即日融資」で検索すると、通称「闇金」と言われるような違法業者も出てきたりするので、そのての業者には絶対にひっかからないように気をつけることが大切。
社内広告を出していたり、テレビコマーシャルをしていたりする大手のローン会社はまず間違いないと思っていいでしょう。
決め手となるのは、やはり「即日」「無利子」「低金利」「web完結申し込み」などですので、あなたに合ったサービスを提供する会社があったら、
まずHPでその会社とサービスをよく理解する事です。
その上で申し込みを開始しましょう。

 

プロミスはこちら

 

即日融資を受けるためのチェックポイント

 

審査が早いところを利用しましょう

 

即日でお金を借りるためには最短で手続きをすることができる金融機関を利用する必要があるということをチェックしておく必要がありますが、審査などの手続きは銀行カードローンよりも消費者金融のほうが早いです。
そのためすぐにでもお金を融資して欲しいと思うのであれば、消費者金融会社と契約をするといいでしょう。

 

そこでなぜ消費者金融の審査が早いのかというとそれは総量規制の対象となっているので、融資可能な額が制限されているからです。
逆に銀行のカードローンの場合は対象外なので、融資の額を決めるのに、より厳格な審査をすることになるので、消費者金融と比べるとスピードの面でどうしても劣ってしまいます。
そのため即日でキャッシングをしようと考えているのであれば、消費者金融を利用することを第一に考えましょう。

 

ネット申込が最短です

 

消費者金融業者を利用して即日でお金の借り入れをする場合において、ネット申込の方法が最短であるということもチェックしておきましょう。

 

そこでネットの申込の手続きの流れとしてどのようになっているのかというとまず利用する金融機関のサイトの申し込みのフォームから必要事項を入力して送信をします。
すると金融機関側がそれらの情報をいろいろ審査して融資可能かどうかを判断し、メールや電話などで申込者に連絡をすることになります。
そして審査に通過することができたら口座への振込や自動契約機でカードを利用しての引き出しなどの方法で融資を受けることができます。
このように手続きのほとんどはネット上で完結することができるので、早くてとても便利です。

 

また本人確認や在籍確認に対応するために申込をする前に事前に必要となる書類等を揃えておく必要があります。

最短で借りる為に審査に必要な書類や在籍確認について

キャッシングやカードローンのサービスを利用して最短でお金を借りるためにはどのようなことが必要なのかというと審査に通過することができる書類をしっかり整えておくことです。

 

また銀行や消費者金融会社などの金融機関は融資をすることができるかどうかを審査するために借り入れの申し込みをした人の本人確認や在籍確認をすることになるので、対応することができるように準備しておくことが大切です。

 

審査にはどのような書類が必要か

 

お金の借入の申込をした後、契約するために銀行や消費者金融業者から審査を受けることになるのですが、その際にどのような書類を提出する必要があるのかというとまず申込者の身分証明書です。
これは申し込んだ人の本人確認をするために必要となり、免許証や保険証などが該当します。

 

次に申込者が収入を得ていることを証明する収入証明書の提出が必要となる場合があります。
どのような時に必要になるのかというと以下の2つの場合です。

 

1 50万円を超える限度額を定めて借入をする場合
2 他社からの借入と今回の借入の限度額が合計で100万円を超える場合

 

そして収入証明書としてどのような書類を提出すればいいのかというと給与明細書、源泉徴収票、確定申告書などがあげられます。

 

在籍確認はどのようにするのか

 

消費者金融などの金融会社が融資の審査をする場合において、申込者が申込書に記載した勤務先に会社に在籍しているかどうかを確認する、在籍確認をすることになります。

 

そしてどのような方法で行うのかというと基本的に勤務先として記載されている会社に金融業者が電話をして、本当に在籍しているかどうかを確認するという方法で行います。

 

しかしこの方法で行うと即日で融資を受けるのが難しくなってしまい、最短でお金を借りるにおいて障害となってしまいます。
そのため電話をする方法に替えて、申込者が勤務先として記載されている会社に在籍していることを証明することができる社員証や給与明細書の写を提出する方法で行っています。
この方法であればすぐに確認することができるので、即日で融資を受けることが可能です。

専業主婦が即日でお金を借りたい場合の注意点

専業主婦がお金を借りたいという場合、即日でキャッシング出来る消費者金融はあるのでしょうか?
キャッシングできる条件として安定した収入がある成人ということが必須なので、パートなどで働いている主婦は消費者金融で借り入れ出来ますが、専業主婦は難しいといえます。
収入のない専業主婦であれば、総量規制対象外である銀行系カードローンでキャッシングすることが最も借り入れしやすい方法です。
総量規制では収入の3分の1以上の借金ができないので、主婦でも他から借り入れがある場合消費者金融で新たに申し込んでもキャッシングできない場合が当然出てきます。
その場合も、総量規制対象外である銀行系カードローンの利用であれば、キャッシングが可能になります。
専業主婦お金借りるというのは法的な問題を回避する必要があるために、事前に十分法的なことを知っておかないとイケませんね。
また、収入証明書の提出が必要になってくるのは借入金額によってちがうため、少額の融資であれば殆どが収入証明書の提出不要でキャッシングが可能です。
審査の段階で旦那の会社に連絡が入って在籍確認なども専業主婦の場合ありませんから、そこは安心して利用することができます。